Go to Contents Go to Navigation

20~30代のコンビニオーナー増加 就職難が影響=韓国

記事一覧 2016.03.11 17:09

【ソウル聯合ニュース】韓国社会の就職難や雇用不安を反映し、20~30代のコンビニエンスストアオーナーが増えていることが11日、分かった。

 比較的少ない資本で独立できる上、本社の運営システムや経営ノウハウを利用でき、特別な事業経験がなくても挑戦しやすいためだ。

 コンビニのCUによると、昨年1年間にCU本社とフランチャイズ契約を結んだコンビニオーナーのうち、20代が占める割合は前年の7%から9%に、30代は24%から27%にそれぞれ拡大した。一方、50代は28%から23%、40代は31%から30%にそれぞれ低下した。

 CUとフランチャイズ契約を結ぶ場合の最低投資費用は2270万ウォン(約220万円)で、さらに店舗の賃料(保証金を含む)を負担する。

 賃料の6割を負担し、毎月の純利益の4割を本部に納める契約方式の場合、5000万ウォンから1億ウォンほどあればオーナーになれるという。

 また、コンビニはここ数年間成長を続けており、ほかの業種に比べて失敗のリスクが少ないことも、コンビニで独立を考える人の背中を押しているようだ。

 韓国国内のコンビニ店舗数は、10年の1万6937店から14年には2万6020店に急増した。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。