Go to Contents Go to Navigation

韓国人囲碁九段 AIに3連敗で敗北「すごい圧迫感だった」

記事一覧 2016.03.12 19:05

韓国人囲碁九段 AIに3連敗で敗北「すごい圧迫感だった」

人工知能に2連敗

【ソウル聯合ニュース】囲碁の世界トップ棋士の一人、李世ドル(イ・セドル)九段(韓国)と、米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」との対局(全5戦)の第3局が12日、ソウル市内のホテルで行われ、アルファ碁が3連勝を収めた。1勝もできず敗北が決まった李九段は「こんなにすごい圧迫感、負担感を感じたことはない。力不足だった」と肩を落とした。

 開口一番、対局に期待を寄せた囲碁ファンらに謝罪した。しぼり出すように「内容の面でも勝敗の面でも期待していただいたのに、力のなさを見せてしまった」と話した。

今日の勝者は?

  この日は序盤から積極的な攻めを見せたが、アルファ碁の堅い守りに跳ね返された。李九段は「もし第1局に戻っても勝利するのは難しいだろう」と力の差が歴然としていることを認めざるをえなかった。対局前の先月末の記者会見では「(5戦中)1敗するかしないかぐらいになるだろう」と勝利に自信を見せていたが、この日は「アルファ碁の能力を見誤った」と述べた。

 第4局と第5局は13日と15日に行われる。アルファ碁との残る2局については「(アルファ碁の能力を)評価するには第3局までよりも、第4局と5局の方がいいだろう。多くの人に見てほしい」と話した。

いよいよ明日対局

 アルファ碁は昨年10月、2013~15年の欧州チャンピオンで中国出身のファン・フイ氏と対局し、5戦全勝した。正式なフルサイズ碁盤の囲碁で、ハンディなしでAIがプロ棋士に勝ったのは世界初で話題になった。世界最強の棋士ともいわれる李九段との顔合わせは「世紀の対局」と呼ばれ、世界の注目を集めている。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。