Go to Contents Go to Navigation

韓国中部の養豚農家で口蹄疫発生

記事一覧 2016.03.13 16:29

韓国中部の養豚農家で口蹄疫発生

豚の口蹄疫発生

【洪城聯合ニュース】韓国中部、忠清南道・論山の養豚農家の豚が家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)に感染していることが分かり、当局は検疫と防疫を強化している。

 忠清南道によると、五つの養豚農家の豚から口蹄疫(O型)の発生が確認されたという。これら養豚農家では計5110頭の豚が飼育されている。

 同道では先月、公州と天安の計五つの養豚農家でも口蹄疫の発生が確認されている。

 防疫当局は感染した豚がいた農家付近への立ち入りを禁止し、豚の殺処分を進めている。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。