Go to Contents Go to Navigation

囲碁AIに初勝利 韓国人棋士「何物にも代えがたい1勝」

記事一覧 2016.03.13 20:10

囲碁AIに初勝利 韓国人棋士「何物にも代えがたい1勝」

囲碁AIとの第4局始まる

【ソウル聯合ニュース】囲碁の世界トップ棋士の一人、李世ドル(イ・セドル)九段(韓国)と、米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」との対局(全5戦)の第4局が13日、ソウル市内のホテルで行われ、李九段が初白星を挙げた。3連敗の後、一矢を報いた李九段は「何物にも代えがたい、価値のある1勝」とよろこんだ。

人工知能に敗北

 前日の3敗目で敗北が決まっていたが、白番の李九段はこの日も攻めた。苦しむ場面もあったが、流れを自らの方に引き寄せ180手で中押し勝ちした。

人工知能に2連敗

 人間との対局で負けたことがなかったアルファ碁に初黒星をつけた李九段。ファンから歓喜の声があがると、「3連敗して1勝しただけで、こんなに喜んでもらったのは初めて」とうれしそうに話した。

今日の勝者は?

 第5局は15日に行われる。「今回は白(後手)で勝ったので、黒でも勝ちたい」と連勝を狙う。

 世界最強の棋士ともいわれる李九段とアルファ碁の顔合わせは「世紀の対局」と呼ばれ、世界の注目を集めた。当初は人間有利とされ、李九段も対局前に「(5戦中)1敗するかしないかぐらいになるだろう」と自信を見せていたが、3連敗を喫していた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。