Go to Contents Go to Navigation

韓国の米市場シェア3.2% FTA効果で日本との差縮小

記事一覧 2016.03.14 16:28

【ソウル聯合ニュース】韓国貿易協会の国際貿易研究院は14日、2012年3月15日の発効から4年を迎える韓米自由貿易協定(FTA)の評価と今後の見通しに関する報告書を発表した。

 報告書で同院は輸出を取り巻く環境が悪化している中、昨年の韓国の対米輸出はFTAにより関税が撤廃されたり引き下げられたりした品目を中心に安定した輸出成果をあげたと説明した。

 韓国の米国市場でのシェアは昨年3.2%を記録した。2008年の2.3%以降、増加傾向を見せており、2012年の2.6%から13年には2.8%に、14年には3.0%に増加した。

 昨年の韓国の対米輸出額は698億3000万ドル(約7兆9400億円)で前年比0.6%減少した。

 一方、米国とFTAを締結していない日本のシェアは2000年に記録した12.1%から減少を続けており、昨年は5.9%。韓国との差は過去最低の2.7ポイントとなった。

 韓米FTAにより関税が撤廃または引き下げられた品目における韓国の昨年の輸出は前年比5.1%増加したが、日本は同7.8%減、中国は同4.2%増となり、韓国の増加率が上回った。

 電機・電子(12.5%増)、機械(12.4%増)、ゴム(11.3%増)、農水産食品(12.9%増加)などの分野は2桁の増加率となった。

 米国からの輸入は昨年440億2000万ドルで前年比2.8%減少した。乗用車、液化石油ガス(LPG)などの輸入が増加したものの、穀物、飼料、医薬品などの輸入が減り、全体では減少となった。

 韓米FTA締結の際に懸念されていた農・畜・水産物分野の輸入は10.3%減少した。

 米国産の乗用車の輸入は4年間で年平均36.6%増加した。昨年は前年比32.6%増えた。今年1月から米国産乗用車の関税が4%から0%になり、今後さらに増える見通しだ。韓国産乗用車の対米輸出についても今年から2.5%の関税が完全に撤廃されたため、増加するとみられる。

 国際貿易研究院のパク・ジウン首席研究員は「現在は米国への輸出額の95.7%に対して無関税で輸出が可能だ」とした上で、世界経済の先行きに対する懸念から韓国の輸出が振るわない中、韓米FTAを積極的に活用して米国市場を攻略する必要があると話した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。