Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 開城工業団地入居企業の被害調査実施へ

記事一覧 2016.03.14 18:12

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は14日、独自の対北朝鮮制裁の一環として操業を中断した南北経済協力事業の開城工業団地に入居する韓国企業の被害規模を正確に把握するため、今週中に実態調査に着手すると発表した。

 韓国統一部は18日に入居企業を対象に説明会を開き、21日から来月10日にソウルの開城工業団地企業総合支援センターで企業の実態申告書を受け付ける。

 実態調査の全過程に対する諮問と評価を行う官民評価諮問委員会も設置し、15日に初会議を開く。

 統一部は「実態調査の結果に基づき、合理的な原則と基準に沿った支援策を講じる」と説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。