Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 5回目核実験?=正恩氏が核弾頭爆発実験を表明

記事一覧 2016.03.15 09:18

北朝鮮 5回目核実験?=正恩氏が核弾頭爆発実験を表明

核弾頭?
金第1書記 核抑止力を強調
新型ロケット砲発射を見守る正恩氏
核開発継続の意思表示か
金第1書記がミサイル生産基地を視察(3月2日)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が弾道ミサイルの大気圏再突入の模擬実験を視察し、「核攻撃能力の信頼性をさらに高めるため、早い時期に核弾頭の爆発実験と核弾頭装着が可能な弾道ロケット(ミサイル)発射実験を断行する」と話した。朝鮮中央通信が15日、伝えた。

 金第1書記は模擬実験後、「数カ国しか保有していない大気圏再突入技術を堂々と確保することで、弾道ロケット技術に大きな進展があった」と満足感を示した。また、国の防衛力と軍需工業の自立性の強化、軍事力の向上にもつながるとしながら、多様な攻撃手段の開発生産に一層注力すべきだと強調した。

 朝鮮中央通信は模擬実験の結果について、「大陸間弾道ロケット戦闘部(弾頭部)の再突入の信頼性を確固として担保できるようになった」と伝えた。

金第1書記 「水爆実験」関係者と記念撮影(1月11日)

 視察には李炳哲(リ・ビョンチョル)朝鮮労働党第1副部長、キム・ジョンシク党副部長、金洛兼(キム・ラクギョム)朝鮮人民軍戦略軍司令官らが動向した。

金正恩第1書記 「水爆保有」に言及(12月10日)

 この日の金第1書記の発言から、北朝鮮が近く5回目の核実験か長距離弾道ミサイル発射を実施する可能性があるとも指摘される。

北朝鮮 東海上で新型艦対艦ミサイル訓練(6月15日)

 金第1書記は9日の報道によると「核弾頭を軽量化し弾道ロケットに合わせ標準化、規格化を実現した」、11日の報道によると「新たに研究製作した核弾頭の威力を判定するための核爆発実験と、核攻撃能力を高めるのに必要な実験を続けるべきだ」と発言している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。