Go to Contents Go to Navigation

朴大統領が北朝鮮に警告 「変化しなければ自滅」

記事一覧 2016.03.15 12:14

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は15日の閣議で「北が無理な挑発と国際社会との激しい対立を続け、変化の道に向かわなければ自滅の道をたどることになる」と述べた。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が早い時期に核弾頭の爆発実験と核弾頭装着が可能な弾道ロケット(ミサイル)発射実験を断行すると表明したことについては、対北朝鮮制裁をめぐる韓国と国際社会の連携に対する強い危機感の表れだとの見方を示した。

 その上で「制裁が現場できちんと履行されるようにすることが重要だ」と強調した。

 また、北朝鮮の人権問題について、「住民が深刻な生活苦に陥っているだけでなく基本的な人権も保障されないなど北の人権水準は世界最悪だと評価されている」と批判した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。