Go to Contents Go to Navigation

韓国プロ棋士「対局楽しんだ」 AIとの対局で1勝4敗

記事一覧 2016.03.15 19:54

韓国プロ棋士「対局楽しんだ」 AIとの対局で1勝4敗

最終局で囲碁AIに敗北

【ソウル聯合ニュース】囲碁の世界トップ棋士の一人、李世ドル(イ・セドル)九段(韓国)と、米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」による対局(全5戦)の最後局が15日、ソウル市内のホテルで行われ、黒番の李九段が280手で投了し敗北した。対戦成績は李九段の1勝4敗。

人工知能に初勝利

 李九段は対局後の記者会見で、「実力が優位であるとは認められないが、集中力ではやはり人が勝つのは難しいと思う」と話した。また、「アルファ碁の置くスタイル、対局の環境などがとても違っていて、適応するのに時間かかった」とした上で、「心理的に揺れず、限りなく集中するアルファ碁を見ると、もう一度やっても勝てるか疑問」と語った。

AIに興味津々 超満員の講演会場

 その一方で、「アルファ碁が上ではなく、人間がまだできるレベルだと考える」と表明。その上で「それで(結果が)少し残念だ」と話した。「今回の対局を通じ、様々な囲碁の常識に対して疑問を感じた」と振り返り、これまでの定石に疑問を感じ、今後はさらに研究する必要があるとの姿勢を示した。

小劇場で対局観戦

 最終局については「実は序盤で有利ではないかと考えたが、それにもかかわらず敗れたのは私の力が足りないからだ」とした上で、「私の足りない部分が再び明らかになった対局だった」と説明した。

 また「個人的には残念だったところがたくさんあるが、応援して励まして下さった多くの方に深く感謝申し上げる」と話した。さらに、「囲碁は楽しむのが基本だが、ある瞬間から私が囲碁を楽しんでいるのか疑問だった」として、「今回の対局は思いきり楽しんだ」と話した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。