Go to Contents Go to Navigation

囲碁の李九段 最後まで闘志を燃やす=AIに一矢

記事一覧 2016.03.15 20:49

囲碁の李九段 最後まで闘志を燃やす=AIに一矢

最終局で囲碁AIに敗北

【ソウル聯合ニュース】囲碁の世界トップ棋士の一人、李世ドル(イ・セドル)九段(韓国)と、米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」との最後の第5局が15日、ソウル市内のホテルで行われ、李九段が敗北した。対戦成績は李九段の1勝4敗。

人工知能に初勝利

 対局前は5局全てで勝利すると自信を見せていた李九段が三連敗を喫し、自身の実力不足を認めた後の第4局で勝利した姿は多くの人の印象に残った。

人工知能に敗北

 李九段は第1局の序盤でアルファ碁の力を試したが、劣勢のまま敗北。「これからが始まり」として自信を失わず第2局に臨んだが、連敗した。李九段は「何も言えない。内容の上で完敗」と話した。

小劇場で対局観戦

 第3局では序盤から積極的な攻めを見せたものの、アルファ碁の堅い守りに跳ね返された。3連敗を喫した李九段は「人間ではなく、李世ドルが負けた」とした上で、圧迫感に打ち勝つには力が足りなかったと話した。

 李九段は「見守ってほしい」と語って臨んだ第4局では流れを自らの方に引き寄せ、人間との対局で負けたことがなかったアルファ碁に初黒星をつけた。勝利後の記者会見で李九段は「3連敗して1勝しただけで、こんなに喜んでもらったのは初めて」とうれしそうに話した。

 第4局に白番で勝利した李九段は第5局について、コミ(後手のハンディ)7目半の黒番でアルファ碁に勝ちたいと話し、ディープマインド側がそれを了承した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。