Go to Contents Go to Navigation

韓国の所得上位層が全体所得に占める割合 アジアで最大

記事一覧 2016.03.16 10:05

【ソウル聯合ニュース】韓国で所得上位10%に属する層の所得は2013年時点で全体の所得の45%を占め、比較可能なアジアの国の中で最も高いことが分かった。

 国際通貨基金(IMF)が16日までにまとめた報告書によると、韓国の45%に次いでシンガポールが42%、日本が41%と集計された。マレーシアは22%、オーストラリアは31%と比較的低い。

 韓国の上位10%の所得が全体に占める割合は1995年に29%だったが、18年間で16ポイント上昇した。上昇幅はアジア平均の1~2ポイントを大きく上回る。

 一方、所得分配の不平等さを表すジニ係数でみると、韓国の2013年の数値は1990年よりやや低かった。数値が下がるほど平等に近づく。これは所得上位層の所得が占める割合が急拡大したのとは対照的だと、報告書は指摘した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。