Go to Contents Go to Navigation

駐イラン韓国大使「朴大統領の訪問を協議中」

記事一覧 2016.03.16 15:08

【ソウル聯合ニュース】韓国の金勝鎬(キム・スンホ)駐イラン大使は16日、ソウル外交部庁舎で行われた記者懇談会で、朴槿恵(パク・クネ)大統領のイラン訪問ついて、「両国政府間で協議している」と明らかにした。

 朴大統領のイラン訪問については、青瓦台(大統領府)の鄭然国(チョン・ヨングク)報道官が1月に「検討しているものと承知している」と話している。

 金大使は核問題に伴う欧米の制裁が解除されたイランには外国企業が押し寄せて投資をしているとした上で、北朝鮮に対し「このようなイランの変化を直接見て、北の当局者が気づくことがあることを願う」と述べた。

 一方で金大使は「イランは核兵器を開発すると言ったことはなく、北は核兵器の保有意志を明確に表明している」と指摘。イランと北朝鮮の核問題は根本的に違うと説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。