Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮・平壌付近でM2.2の人工地震 発破作業か

記事一覧 2016.03.16 15:31

【ソウル聯合ニュース】16日午後0時半ごろ、北朝鮮・平壌の南東34キロの地点で人工地震が感知された。韓国気象庁によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は2.2、震源の深さは約1キロと浅く、核実験ではなく採石場での発破作業によるものと推定される。

 今年1月6日に北朝鮮が核実験を行った際の人工地震はM4.8だった。気象庁は、発破作業に伴う人工地震はM1.0~2.5ほどと分析している。発破によるM3.0未満の人工地震は韓国国内でもしばしば観測されている。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。