Go to Contents Go to Navigation

韓国で開発中のAI 10月に人間とクイズで対決

記事一覧 2016.03.16 19:41

【ソウル聯合ニュース】囲碁の世界トップ棋士の一人、李世ドル(イ・セドル)九段(韓国)と、米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」との対決が注目を集めたのに続き、今年10月には韓国が開発したAIと人間によるクイズ対決が行われることが分かった。

 韓国の情報通信技術振興センター関係者は16日、ソウル市内で行われた「人工知能国際シンポジウム」で「まだ不十分だが、10月に機械と人間が対決する知識コンテストを国内で進める案を推進中」と明らかにした。

 使用されるAIは2013年から政府主導で韓国電子通信研究所が開発してきた「エクソブレイン」だ。エクソブレインは「体の外の脳」を意味し、人との日常的なコミュニケーションを超え、学習を通じて専門家レベルの知能を確保し、人間を補助するのが目標という。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。