Go to Contents Go to Navigation

中国 北朝鮮の貨物検査強化=レストラン廃業も

記事一覧 2016.03.16 20:50

【ソウル聯合ニュース】国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁が施行され、中国の北朝鮮と隣接する地域では北朝鮮に寄港した船舶に対する検査が強化されており、中国内の北朝鮮レストランの一部は廃業したことが16日、分かった。中朝関係に詳しい韓国政府当局者が記者団に伝えた。

 同当局者によると、北朝鮮に向かう船舶や北朝鮮から中国に入ってくる船舶については、中国側の税関職員が増員され、厳しい調査が行われているという。

 安保理決議で北朝鮮の海運会社に所属する31隻について、会員国が入港を禁止したことに関しても同当局者は「(中国側の)指示公文書が通達され、履行されている部分が確認されている」と説明した。

 さらに北朝鮮による4回目の核実験以降、中国では北朝鮮レストランの利用を避ける雰囲気があり、不景気が重なって東北3省にある店の一部が廃業しているという。韓国政府による利用自粛の呼びかけにより、中国在住の韓国人や観光客も北朝鮮レストランを利用していないという。

 同当局者は国連安保理決議の履行による効果について、2カ月から3カ月後には制裁の影響が具体的に現れるとの見通しを示した。

 中国当局の安保理決議の履行意志については、「中国が決議採択に主導的役割を果たし、強力かつ完全に履行するという意志がはっきりと確認されている」と評価した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。