Go to Contents Go to Navigation

韓国企業が残した開城団地製品 北の市場に=米放送局

記事一覧 2016.03.17 11:26

【ソウル聯合ニュース】米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)は17日、平壌の消息筋の話として、南北経済協力事業の開城工業団地から韓国企業が先月撤退した後、現地に残された完成品が北朝鮮の市場にひそかに出回っていると報じた。

 この消息筋は開城工業団地製の靴下や履物など数品目が販売されているのを目撃したとしながら、ほかにも多くの品物が北朝鮮全域で売られているとの見方を示した。

 咸鏡北道の消息筋は、開城まで出掛ける商売人が閉鎖された開城工業団地にひっきりなしに出入りしており、これは完成品が流出していることを示すものだと話した。北朝鮮軍が監視する中で製品を持ち出せるのかというRFAの質問に、「軍部隊が組織的に品物を売っているということだろう」と答えた。

 中国の北朝鮮消息筋は「北も韓国企業が開城工業団地に戻り操業を再開する可能性がないと判断した」と分析した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。