Go to Contents Go to Navigation

金第1書記 平壌に第2の「未来科学者通り」建設指示

記事一覧 2016.03.18 13:55

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が平壌に第2の未来科学者通りとなる「黎明通り」の建設を指示したと報じた。

平壌では昨年11月に、高層マンションや商業施設、金策工業総合大自動化研究所などが立ち並ぶ未来科学者通りが完成している。

 新たな通りは、故金日成(キム・イルソン)主席と故金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺体が安置されている錦繍山太陽宮殿に通じる通りとなる。金日成総合大の教育者や科学者、研究者向けの住宅や託児所などの施設ができる予定だ。

 現場に赴いた金第1書記は、通りの建設を「米帝とその追従勢力による制裁と圧力の中でも世界に向かって果敢に突進する朝鮮(北朝鮮)の姿、われわれのやり方でしっかり暮らせることを示す政治的な契機だ」と説明。また「年内に必ず建設し、主体朝鮮の必勝不敗の伝統を今一度誇示せよ」と強調した。

 金第1書記の妹の金与正(キム・ヨジョン)、チョ・ヨンウォン、金昌光(キム・チャングァン)の各党副部長が同行した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。