Go to Contents Go to Navigation

韓国軍海兵隊 迅速機動部隊を編成=有事の際に北朝鮮進攻

記事一覧 2016.03.20 12:04

【ソウル聯合ニュース】韓国軍海兵隊が、有事の際に24時間以内に朝鮮半島全域に出動できる連隊級の迅速機動部隊を編成したことが20日、軍関係者の話で分かった。

 同部隊は1日に創設された。3000人規模で、海兵隊第1師団の隷下に置かれた。これまで海兵隊は大隊級の迅速対応部隊を運用してきたが、連隊級の迅速機動部隊を編成したのは初めて。

 迅速機動部隊は有事の際、北朝鮮後方地域に最初に進攻し、中核施設を破壊する任務を遂行する。平時には災害に対応する。

 軍関係者によると、朝鮮半島全域で作戦に突入するまでの所要時間は大隊級が24時間、連隊級は48時間だったが、迅速機動部隊は連隊級であるにもかかわらず24時間以内に作戦を展開できる。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。