Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮ミサイル発射 韓国政府が国連機関に懸念伝える

記事一覧 2016.03.20 15:14

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が国連の専門機関の国際民間航空機関(ICAO、本部カナダ・モントリオール)と国際海事機関(IMO、本部英ロンドン)に書簡を送り、北朝鮮がこれら機関に事前に通告せず10日に短距離弾道ミサイル、18日に中距離弾道ミサイルを発射したことに懸念を示した。韓国政府筋が20日、伝えた。北朝鮮の行為は航空機と船舶の安全に重大な影響を及ぼしかねない。

 韓国政府の懸念表明は、北朝鮮への抗議など外交的な措置を遠回しに要請したものといえる。

 ICAOは北朝鮮が通告せず短距離弾道ミサイルを発射したことに対し、すでに北朝鮮に問題提起したとされる。中距離弾道ミサイル発射に関しても、ICAOとIMOは近く北朝鮮に正式に問題提起するとみられる。

 また、韓国政府は北朝鮮のミサイル発射が安保理決議に違反するとして、短距離ミサイル発射については国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に、中距離ミサイル発射については安保理議長にそれぞれ書簡を送った。

 安保理は18日に、北朝鮮のミサイル発射を非難する声明を出している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。