Go to Contents Go to Navigation

20代後半の失業者数 今年に入り急増=韓国

記事一覧 2016.03.20 16:46

【世宗聯合ニュース】先月増加した韓国の失業者の7割が20代後半(25~29歳)だったことが20日、分かった。

 韓国統計庁によると、20代後半の失業者は2月に前年同月比8万人増加した。全体の失業者は同11万4000人増え、このうち70.2%を20代後半が占めた。

 若年層(15~29歳)のうち20代前半(20~24歳)の失業者は9000人減少し、15~19歳は5000人増加にとどまった。30代は8000人、40代は1万人、60代以上は3万1000人それぞれ増加し、50代は1万2000人減少した。

 1月の失業者も全体では1000人減少したが、20代後半は2万8000人増加した。同じ若年層でも15~19歳は4000人、20代前半は6000人それぞれ減少した。

 失業者が増えたことで失業率も急上昇した。20代後半の1月の失業率は8.3%で前年同月より0.9ポイント上昇した。2月の失業率は同2.8ポイント上昇の11.9%だった。

 20代後半の失業者が急増したのは、就職難に伴い就職に有利になるような経験や能力の蓄積に時間をかけ、20代後半になって求職活動に乗り出す場合が多いためとみられる。

 統計庁関係者は20代後半の失業者が増えた背景について、「男性の場合は兵役問題、女性の場合は大学卒業までにかかる時間がやや長くなったことが影響しているようだ」との見方を示した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。