Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の「核能力高度化」誇示で技術水準あらわに

記事一覧 2016.03.20 16:53

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の「核能力の高度化」アピールが軍事機密を表にさらすことになっているとの見方が、韓国で出ていることが分かった。

 北朝鮮は今月4日に金第1書記が「核弾頭を任意の瞬間に打てるよう準備すべきだ」と指示した後、核弾頭や関連実験の写真を公開し、短距離と中距離の弾道ミサイルを相次ぎ発射した。各分野の科学者もメディアに「核弾頭の威力」を積極的に説明している。

 複数の韓国情報当局筋によると、北朝鮮は5月の朝鮮労働党の党大会に向け2月中旬から「70日戦闘」を進めており、科学者と技術者は核能力の高度化を金正恩(キム・ジョンウン)第1書記にアピールしている。その過程で核・ミサイル技術の水準や重要な軍事機密が漏れているという。

 別の当局筋も、北朝鮮の科学者と技術者が核・ミサイル分野の重要機密レベルの技術を表にさらしすぎているとの見方を示した。「北はこれらの技術を最先端、あるいは独自技術だと自慢するが、韓米の専門家は公開された技術がどの程度でどの段階にあり、この先どれだけ進展するかを見定めようとしている」と話す。

 韓国軍のある専門家は北朝鮮の弾道ミサイル弾頭部分の大気圏再突入模擬実験に関し、弾頭部分の形態に言及しながら「北は再突入体の開発材料や技術をまだ確保していないことを自ら示した」と指摘した。このほか、北朝鮮が最近公開した関連写真を韓米の専門家が分析したところ、公開するために急いで準備した痕跡が見られたという話もある。

 一方、軍の関係者は「時間とともに北の核能力が高度化していると韓国軍は判断しており、(北朝鮮の)脅しのような行動も軽視していない」と強調した。 

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。