Go to Contents Go to Navigation

対北朝鮮制裁めぐる韓米高官級協議 きょう初開催

記事一覧 2016.03.21 08:51

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国が21日午後にソウルの韓国外交部で、北朝鮮への圧力強化に向けた高官級の「制裁協議」を初めて開く。

 韓国から、北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の首席代表を務める金ホン均(キム・ホンギュン)朝鮮半島平和交渉本部長、米国からは6カ国協議米国首席代表のソン・キム国務省北朝鮮担当特別代表のほか、財務省と商務省の制裁担当が出席する。

 外交部の高官はこの協議について、「国連安全保障理事会決議、韓米および各国の独自制裁、国際社会の北に対する圧力の三つの軸を効果的に活用し、北への圧力を最大化する方策を検討、協議する」と説明した。韓米それぞれが独自制裁の内容を説明し、相手側の内容に疑問点があれば意見を交わすことになるという。

 北朝鮮への制裁を強化するため米国が発令した大統領令の具体的な内容を理解し、今後の実質的な履行と関連戦略も共有するとみられる。また、中国とロシアを念頭に、今こそ制裁履行に集中すべき時だというメッセージ発信の意味合いもこめているようだ。

 韓国政府は米国との協議に続き、日本とも制裁履行に関する協議の開催を推進中とされる。

 先月末に6カ国協議韓国首席代表に就いた金氏は、今月10日に米ワシントンを訪問してソン・キム氏と顔合わせをした。18日には中国・北京を訪れ6カ国協議中国首席代表の武大偉・朝鮮半島問題特別代表と会合した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。