Go to Contents Go to Navigation

韓国団体 北朝鮮に核実験非難のビラ1000万枚散布へ

記事一覧 2016.03.21 11:09

【ソウル聯合ニュース】韓国の北朝鮮脱出住民(脱北者)団体「自由北韓運動連合」は21日、北朝鮮による韓国海軍哨戒艦「天安」撃沈事件から6年となる26日、南北軍事境界線に接する非武装地帯(DMZ)近くの臨津閣で保守団体と共に北朝鮮に向け、ビラを散布すると明らかにした。

 自由北韓運動連合の朴相学(パク・サンハク)代表は聯合ニュースに対し、「今後3カ月間、北の核実験を糾弾し、核廃棄を求めるビラ1000万枚を飛ばす」と伝えた。26日はビラ50万枚を風船20個に付けて散布するという。

 同団体は事件から5年となる昨年もビラ散布を予告していたが、北朝鮮が武力で対応すると警告し、ビラ散布を全面的に中断した。当時、地元住民が不安を訴えたほか、市民団体からも批判が上がっていた。警察当局は地元住民の安全確保を理由にビラの散布を阻止した。

 だが、今年に入り、北朝鮮軍が韓国の首都圏地域に大量の非難ビラを飛ばしたほか、韓国軍も北朝鮮に向けてビラを散布する方針で、当局が団体のビラ散布を阻止するかどうかが注目される。

 同団体は今月3日、ビラ30万枚を非公開で散布した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。