Go to Contents Go to Navigation

朴大統領 正恩氏を呼び捨てし批判「無謀な挑発試みている」

記事一覧 2016.03.21 11:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は21日、青瓦台(大統領府)首席秘書官会議で、北朝鮮について「最近、金正恩(キム・ジョンウン)が核弾頭と弾道ミサイルの発射実験を指示したように、絶え間なく無謀な挑発を試みている」と述べた。

 朴大統領は「国際社会の制裁(決議)が採択されなかったら、北はさらに無謀な挑発を強行したかもしれない」として、「今は朝鮮半島の今後にとって極めて重要な時期」との認識を示した。金第1書記を呼び捨てにしたことは、無謀な挑発は決して容認しないという姿勢を示したものとみられる。

 25日に初開催される「西海(黄海)守護の日」の式典にも触れ、「北の挑発に立ち向かって命をささげた護国勇士たちをたたえ、北の挑発を決して許さないという決意を新たにする日」と述べた。その上で、「国を守った犠牲者の崇高な精神を国民と共にたたえる意味深い行事にする」と表明した。また、「北は6・25(朝鮮戦争)後、3800回ほどに達する挑発を続け、被害者だけでもおよそ5000人となる」として、「国を守ろうとして犠牲になった方々の精神や北の挑発と蛮行を忘れてはならない」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。