Go to Contents Go to Navigation

パンダ2頭 来月8日から一般公開=韓国テーマパーク

記事一覧 2016.03.21 14:37

【竜仁聯合ニュース】共同研究を目的に中国から韓国に提供された2頭のジャイアントパンダが来月8日、ソウル近郊のテーマパーク、エバーランド(京畿道竜仁市)で公開される。エバーランドが21日、明らかにした。

 最初は、雄の「ロバオ(楽宝)」と雌の「アイバオ(愛宝)」が大勢の観覧客に驚かないよう公開時間と観覧客数が制限される。来月8日から2週間は1日3時間程度の公開となる。同21日からは制限を解除し全ての観覧客に公開する。

 エバーランドは中国の野生動物保護協会との韓中パンダ保護協力の共同推進に関する契約に基づき、2頭を15年間飼育しながら、パンダの保護研究に協力する。

 エバーランド関係者は「絶滅危惧種の保護、子ども向けの教育などさまざまな面で肯定的な効果が得られるようパンダを世話していく」と話した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。