Go to Contents Go to Navigation

韓米「安保理決議を徹底履行」 初の制裁協議開く

記事一覧 2016.03.21 19:12

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国は21日午後、ソウルの韓国外交部で、高官級の「制裁協議」を開き、国連安全保障理事会(安保理)の北朝鮮へ制裁決議を徹底して履行していくことで一致した。

 協議には韓国から、北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の首席代表を務める金ホン均(キム・ホンギュン)朝鮮半島平和交渉本部長、米国からは6カ国協議米国首席代表のソン・キム国務省北朝鮮担当特別代表のほか、財務省と商務省の制裁担当が出席した。両国間で「制裁協議」形式の会合は初めて。

 韓国外交部はこの日の協議について、「北朝鮮がさらなる挑発を行う場合、韓米をはじめとする国際社会のより強力な対応に直面することになることを明確にした」と説明した。

 ソン・キム氏は協議後、「米韓は安保理決議を徹底して履行する。米韓両国は全ての国家(国連加盟国)がこの重要な安保理決議を忠実に履行するよう域内外の国家と接触している」と報道陣に語った。また、韓国政府の独自制裁を歓迎するとの見解も示した。

 韓国の金本部長とソン・キム氏は22日午後、これとは別途に6カ国協議の首席代表会談を行う。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。