Go to Contents Go to Navigation

韓国大手ハナ金融 三井住友との業務協力拡大

記事一覧 2016.03.22 11:22

【ソウル聯合ニュース】韓国金融大手のハナ金融グループは22日、日本の三井住友トラスト・グループと前日に業務協力の強化に向けた協定を結んだと発表した。

 双方はプロジェクトファイナンス(大型事業向け融資)と不動産金融部門、投資諮問など金融商品部門、フィンテックなどIT技術を使った金融部門を中心に協力を拡大していく。

 ハナ金融グループの金正泰(キム・ジョンテ)会長は「今回の提携拡大は、これまでの成果を基に互いの金融ノウハウとグローバル経験の共有を通じ韓日両国の金融産業をもう一段階発展させるために結ばれた」と説明した。

 ハナ金融グループは2014年12月に三井住友トラスト・ホールディングスと業務提携を結び、資金調達や海外債券分野で協力してきた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。