Go to Contents Go to Navigation

中国で死亡事故起こした北朝鮮外交官 被害者に多額の賠償

記事一覧 2016.03.22 14:21

【瀋陽聯合ニュース】中国駐在の北朝鮮領事が飲酒運転で事故を起こし、中国人3人が死亡した事件で、領事が被害者側に1人当たり50万人民元(約860万円)、計150万人民元の賠償金を支払ったことが22日、分かった。中国遼寧省・丹東の消息筋が伝えた。

 この領事は先月7日、北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射の成功を祝う丹東での会合で酒を飲み、泥酔状態で運転して事故を起こした。

 消息筋が現地公安(警察)から聞いたところによると、領事は賠償金を工面できずにいたが、本国から送金を受けて支払ったという。消息筋は、この死亡事故に地元住民が非常に憤ったため、北朝鮮当局が幕引きを急いで送金したようだとの見方を示している。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。