Go to Contents Go to Navigation

ベルギー空港で爆発 政府が被害状況確認中=韓国

記事一覧 2016.03.22 20:16

【ソウル聯合ニュース】ベルギーのブリュッセル国際空港で爆発が起き、多数の死傷者が出たことを受け、韓国外交部の当局者は22日、在ベルギー大使館を通じ、韓国人の被害の有無を確認していると話した。

 在ベルギー大使館が緊急対策班を構成して対応にあたる一方、外交部本部でも事件直後にベルギーや周辺の国に滞在する韓国人に向け携帯電話にショートメールを送信し、爆発の発生を伝えた上で、安全に留意するよう促したという。

 外交部は事件発生後、海外安全旅行ホームページを更新し、ブリュッセルに滞在、または訪問する韓国人に対し、同地域への訪問を自粛し、身辺の安全に特に注意するよう呼びかけた。

 韓国政府は旅行留意、旅行自粛、撤収勧告、旅行禁止という4段階の旅行警報を設けており、現在ブリュッセルは「旅行自粛」、ベルギーとその周辺は「旅行留意」が発令されている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。