Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮「青瓦台を一瞬で焦土化」 報復戦に入ると威嚇

記事一覧 2016.03.23 10:25

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の対韓国窓口機関「祖国平和統一委員会」が23日、「重大報道」を通じ、「この時刻から朝鮮人民軍の正規部隊と労農赤衛軍、赤い青年近衛隊をはじめとするわが革命武力と全人民の一挙一動は、朴槿恵(パク・クネ)逆賊どもをこの地、この空から断固と除去するための正義の報復戦に向かう」と表明した。朝鮮中央通信が伝えた。

 祖国平和統一委は韓国空軍が21日に北朝鮮の重要施設を精密攻撃する模擬訓練を実施したことに言及しながら、「われわれの最高尊厳に対する挑発であり、とうてい容認できない対決妄動」と語気を強めた。

 その上で、「われわれの報復戦は青瓦台(韓国大統領府)内で始まることも、青瓦台近くで展開されることもあり得る」とし、戦略軍に実戦配備された攻撃手段が青瓦台を含む韓国内の敵の巣窟を第一の攻撃対象とすることはすでに宣言した通りだと述べた。大口径ロケット砲も青瓦台を一瞬で焦土化できる状態だとしながら、「火の海」「灰になる」などの表現で威嚇した。青瓦台をはじめとする主要対象を一気に制圧する作戦なども万全の準備を整えたという。

 祖国平和統一委は韓米の両軍が先ごろ合同軍事演習で平壌占領を想定した訓練を実施したことを「厳重な挑発」と主張。また、朴大統領の21日の「最近、金正恩(キム・ジョンウン)が絶え間なく無謀な挑発を試みている」という発言を、「毒気がこもった暴言」と強く非難した。

 祖国平和統一委が重大報道という形で韓国を威嚇したのは、北朝鮮内部向けに金正恩第1書記に対する忠誠心を示し、外部に対しては北朝鮮の4回目核実験と長距離弾道ミサイル発射に対する制裁と韓米合同軍事演習に対抗して緊張状況を維持する意図と分析される。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。