Go to Contents Go to Navigation

韓国次官とロシア大使が会談 中断の物流事業めぐり協議

記事一覧 2016.03.23 14:34

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の黄富起(ファン・ブギ)次官は23日、ソウルの政府庁舎でチモニン駐韓ロシア大使と会談し、北朝鮮による4回目核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を受けた朝鮮半島情勢について意見を交わした。

 双方は、韓国政府の対北朝鮮独自制裁により中断された南北とロシアの物流協力事業、ハサン―羅津プロジェクトをめぐっても協議したようだ。

 ハサン―羅津プロジェクトは、ロシアの石炭を同国の極東沿海地方ハサンから鉄道で北朝鮮北東部の羅津港に運び、船に積み替えて韓国まで運搬する事業。韓国政府は先ごろ、北朝鮮に寄港した第三国船舶について180日間、韓国入港を禁じる内容の独自制裁を発表した。

 チモニン大使は黄次官との会談直前、ハサン―羅津プロジェクトが議題になるかとの記者の質問に「たぶん」と答え、協議の可能性を示唆した。

 ロシアは同プロジェクトを念頭に置き、羅津港から輸出される外国産の石炭を国連安全保障理事会の制裁対象から除外させた。会談はチモニン大使の要請で行われたとされる。 

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。