Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の36年ぶり党大会 正式手続きはまだ=韓国統一部

記事一覧 2016.03.23 17:27

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は23日の定例会見で、北朝鮮が5月7日に36年ぶりの開催を予定している朝鮮労働党の党大会について、「大会の準備と関連した正式な手続きはまだ行われていない」と述べた。

 鄭報道官によると、今回で7回目となる党大会を開催するには地方からの出席者を選ぶなどの手続きが必要という。ただ、党大会に向け、経済成果を最大限高めるための総動員運動「70日戦闘」などを呼びかける動きは把握されているという。

 一方、北朝鮮脱出住民(脱北者)の韓国定着支援事業を統一部から行政安全部に移管することが議論されているとの報道に関しては、「脱北者の問題は定着だけではない。統一に関わる問題」として、「(事業を)どの機関が担当するかを語る前に、この問題をどう解決していくのが良いか(議論すること)に尽力するのが望ましい」との考えを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。