Go to Contents Go to Navigation

韓国男子体操の梁鶴善 アキレス腱手術でリオ絶望的

記事一覧 2016.03.24 10:32

韓国男子体操の梁鶴善 アキレス腱手術でリオ絶望的

五輪金メダリスト けがで棄権

【ソウル聯合ニュース】ロンドン五輪体操男子金メダリストの韓国の梁鶴善(ヤン・ハクソン、24)がアキレス腱のけがでリオデジャネイロ五輪出場が絶望的となった。

韓国体操エースの梁鶴善に期待

 梁が所属する水原市庁チームの関係者が23日、「梁は前日、泰陵選手村で床の練習中にアキレス腱をけがしてしまい、きょう手術を受けた。手術はうまくいったが、五輪出場はほぼ不可能になった」と明らかにした。リハビリに専念する予定だという。

パワフルな演技

 梁は来月2日にソウル市内の泰陵選手村で行われるリオ五輪代表選抜に向け練習していた。この関係者によると、梁はロンドン五輪の時以上にコンディション管理に気をつけてきた。無理な運動によるアキレス腱断裂ではなく、基本的な運動の途中に起きた誰も予想できないけがだったと説明している。

梁鶴善、金メダルの演技

 梁は跳馬のスペシャリストで、2010年の広州アジア大会の跳馬で金、2011年と2013年の世界選手権の跳馬でも優勝。2012年のロンドン五輪では韓国体操界に初の金をもたらした。しかし、2014年の仁川アジア大会前に右太もも裏を痛め、跳馬で銀にとどまり、昨年の光州ユニバーシアードでは太もも裏の痛みがひどくなり棄権した。

 大韓体操協会側は梁がリハビリに3~4カ月かかるとみており、リオ五輪出場は難しいと話す。

 韓国体操は金メダル最有力候補を欠くことになった。

  mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。