Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮は固体燃料ロケット開発の推進段階=韓国国防部

記事一覧 2016.03.24 11:35

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は24日の会見で、北朝鮮が高出力の固体燃料ロケットエンジンの噴射実験に成功したと主張したことに関し、「北は固体燃料ロケット開発の推進段階とみられる」と述べた。

 韓国軍は北朝鮮が固体燃料ロケットを開発すると予測し、これを厳重に受け止め、対策を講じていると強調した。

 また、北朝鮮の主張についてはさらに分析が必要だとした。文報道官は「固体燃料にするということは(ミサイルの)常時発射が可能ということ」とし、北朝鮮が核・ミサイル開発の進ちょくを誇示するものとの見方を示した。

 大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の可能性について尋ねられると、「断言はできない。軍はすべての可能性に備えている」と答えた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。