Go to Contents Go to Navigation

[芸能]チャン・グンソク主演の時代劇ドラマ 高値で日本へ輸出

記事一覧 2016.03.24 14:53

【ソウル聯合ニュース】韓国で28日から放送されるチャン・グンソク主演の時代劇ドラマ「テバク」(原題、SBS)が、1話あたり約15万ドル(約1700万円)で日本に輸出された。テレビ業界関係者が24日、伝えた。

 全24話の販売価格は約360万ドル。韓国エンターテインメント総合チャンネルのKNTVで5月から放送される。朝鮮王朝時代を背景に、朝鮮一の詐欺師テギル(チャン・グンソク)が王と世紀の対決に挑む物語を描く。

 ここ数年、韓流ドラマの日本への輸出価格が1話あたり10万ドルを切るまでに下がっていたことを踏まえると、「テバク」は高値で販売されたといえる。

 今月初めには、韓国で大ヒット中のKBS第2ドラマ「太陽の末裔(まつえい)」(原題)が1話あたり約10万ドルで日本に輸出されており、両作を契機とする韓流ドラマの人気復活に期待がかかる。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。