Go to Contents Go to Navigation

朴大統領 韓・仏グルメ週間イベントに出席

記事一覧 2016.03.24 15:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は24日、フランスとの国交樹立130周年を記念しソウル市内のホテルで開かれたフランスグルメ週間マスタークラスのイベントに出席した。

 フランス料理を通じフランス文化や哲学などを広めるフランスグルメ週間は「韓国内フランスの年」開幕を祝うイベント。

 これに先立ち、韓国とフランスの首脳は国交樹立130周年を記念し「2015~16 韓仏相互交流の年」記念行事を行うことで一致していた。

 マスタークラスでは、フランス料理のシェフがシェフ志望者や一般の人を対象に料理を実演し経験やノウハウ、哲学などを披露する。

 イベントにはフランス国家最優秀職人(MOF)の称号を持つシェフ、エリック・トロション氏が、しょうゆやごま油など韓国の調味料を使いフランスの調理法で作った料理を披露し参加者の質問に答えた。

 朴大統領は、「一つの国の歴史や自然、ライフスタイル、哲学が表れる食を通じ両国の文化に対する理解を高め、韓国料理のシェフ育成など両国文化の協力を強化していくべきだ」と強調した。

 イベントには尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と金鍾徳(キム・ジョンドク)文化体育観光部長官、フランスのエロー外相のほか、シェフ志望の若者約30人が参加した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。