Go to Contents Go to Navigation

日本大使館前の少女像移転問題 「関連団体の意見聴く」=韓国

記事一覧 2016.03.24 16:32

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は24日の定例会見で、ソウルの日本大使館前に設置されている旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像の移転問題について、「政府としても少女像問題が国内的に持つ敏感さや意味をよく知っており、関連団体の意見を聴いていきたい」と述べた。

 また、「少女像は民間で自発的に設置したため、政府があれこれ言える問題ではない」と従来の立場をあらためて示した。ただ、「関連団体の意見を聴く」との発言は、従来の立場と比べ、より具体的に踏み込んだものといえる。

 両国は昨年末の合意で、「韓国政府は日本政府が少女像に対し、公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し、韓国政府としても、可能な対応方向について関連団体との協議を行うなどを通じて、適切に解決されるよう努力する」とした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。