Go to Contents Go to Navigation

昨年GDP成長率2.6% 1人当たりGNIは減少=韓国

記事一覧 2016.03.25 09:05

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が25日発表した昨年の実質国内総生産(GDP)は、前年比2.6%増加した。

 四半期別の前年同期比の伸びは1~3月期が0.8%、4~6月期が0.4%、7~9月が1.2%、10~12月が0.7%だった。

 昨年のGDP増加率を産業別にみると、製造業は1.3%にとどまり、前年の3.5%を大きく下回った。建設業は前年の0.8%から昨年は3.0%に拡大、サービス業は3.3%から2.8%に鈍化した。

 民間消費は2.2%増加し、前年の1.7%を上回った。しかし、財貨とサービスの輸出増加率は2.0%から0.8%に鈍化した。

 名目GDPは前年比4.9%増となった。

 昨年の実質国民総所得(GNI)は前年比6.5%増加した。実質GNIは物価などを勘案した国民所得の実質的な購買力を示す。

 1人当たりのGNIは2万7340ドル(約309万4000円)と、前年比2.6%減少した。2006年に2万ドルを突破、リーマン・ショック直後の2009年に1万ドル台に減少した後、増加が続いていたが、昨年は6年ぶりのマイナスとなった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。