Go to Contents Go to Navigation

韓中FTA発効から100日 関税引き下げ品の輸出増加

記事一覧 2016.03.27 11:03

【ソウル聯合ニュース】韓国と中国の自由貿易協定(FTA)が昨年末に発効してから、関税引き下げ幅が大きい品目を中心に輸出の増加が目立っている。

 韓国貿易協会の国際貿易研究院が27日に発刊した報告書「韓中FTA発効100日 貿易業界の評価と見通し」によると、FTA発効2年目に実施された関税引き下げの幅が3ポイント以上の製品のうち、電子応用機器と金属工作機械分野の輸出増加率はそれぞれ97.6%、29.9%と集計された。

 韓中FTAは昨年12月20日に発効され、直ちに一部品目の関税が引き下げられた。今年1月からは2年目の関税引き下げがあった。今月28日で発効100日となる。

 2年目の関税引き下げ幅が3~6ポイントの製品のうち、輸出が増加したのは344品目に達した。2~3ポイントでは386品目、1~2ポイントでは320品目の輸出が増加した。

 今後20年以内に品目ベースで韓国は92.2%、中国は90.7%について関税を撤廃する。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。