Go to Contents Go to Navigation

本格的な選挙戦へ 来月に国会議員総選挙=韓国与野党

記事一覧 2016.03.28 09:36

本格的な選挙戦へ 来月に国会議員総選挙=韓国与野党

空から総選挙の投票をPR

【ソウル聯合ニュース】韓国国会議員総選挙(4月13日投開票、定数300)を約2週間後に控え、韓国の与野党は選挙対策委員会を正式に立ち上げるなど、本格的な選挙戦に入る見通しだ。

総選挙の立候補届け出始まる

 与党セヌリ党は28日、国会で中央選挙対策委員会の発足式を行う。小選挙区と比例の党公認候補が出席する。党執行部は約七つの主要公約を発表する方針だ。同党の金武星(キム・ムソン)代表は公認候補選びで浮き彫りとなった朴槿恵(パク・クネ)大統領系の「親朴系」と大統領と距離を置く「非朴系」の対立を収束し、過半数獲得を目指して党内をまとめていくとみられる。

ドローンで投票呼び掛け
総選挙まで30日 闘志新たに

 最大野党「共に民主党」は同日、中央選挙対策委員長らによる初会合を開く。同党は今回の総選挙を「経済審判選挙」と定め、経済問題を争点にする方針だ。

 総選挙は今月31日に告示され、同日から選挙運動が始まる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。