Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮のロケット砲 多連装システムで無力化可能=韓国

記事一覧 2016.03.28 14:16

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は28日、多連装ロケットシステム(MLRS)「チョンム」をはじめとする兵器システムで北朝鮮軍のロケット砲と長射程砲を無力化できるとの立場を明らかにした。

 同部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は同日の定例記者会見で、北朝鮮のロケット砲などの脅威に対応するシステムを構築していると述べた上で、「チョンムとATACMS(地対誘導ミサイル)の地対地能力とSLAM―ER(地上攻撃用ミサイルAGM84H)の空対地能力を統合して攻撃できるシステムを構築し、その能力を発展させるため不断の努力を行っている」と説明した。

 またISR(監視・偵察)資産、無人偵察機、対砲兵レーダーを統合運営する監視システムを構築し発展させていると話した。

 文報道官は「北は最近、核・ミサイル能力の高度化とともに、ロケット砲や長射程砲の攻撃能力が進化していることを誇示するなど、二つの側面で威嚇を強めている」と指摘。その上で、韓国軍はこれに対抗し2020年半ばを目標にミサイルを破壊する「キルチェーン」と韓国型ミサイル防衛(KAMD)の構築を進めていると説明した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。