Go to Contents Go to Navigation

ソウル大生ら少女像設置へ 日本大使館前の撤去に反対

記事一覧 2016.03.28 16:26

ソウル大生ら少女像設置へ 日本大使館前の撤去に反対

少女像そばでのテント設置を不許可
酷寒でも慰安婦像に集まる人々
慰安婦合意の撤回要求広がる
「少女像」移転に反対 座り込み続ける
「少女像」そばで座り込み

【ソウル聯合ニュース】ソウル大があるソウル市冠岳区に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」が建てられる。学生を含む市民らでつくる「冠岳地域平和の少女像建立推進委員会」は28日に記者会見を開き、慰安婦問題をめぐる韓日合意後に出ている在韓日本大使館前の少女像撤去の動きに反対するとの立場を表明し、区内にある冠岳山の入り口に新たな像を建てる計画を明らかにした。

 同委員会にはソウル大総学生会、区議会議員、区民が参加している。像の設置に向け募金運動を展開し、8月15日に除幕式を開く予定だという。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。