Go to Contents Go to Navigation

ロッテ創業者 製菓に続きホテル取締役も退任=韓国

記事一覧 2016.03.29 11:53

【ソウル聯合ニュース】ロッテグループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏が、1973年の創業から務めてきたロッテホテル(ソウル市)の取締役を退くことになった。

 ロッテホテルは29日、本社で株主総会を開き、取締役の再任案を可決した。この再任案に辛氏は含まれておらず、退任が決まった。

 辛氏は25日にロッテ製菓(ソウル市)の取締役も退いている。

 93歳と高齢の辛氏については、精神面の健康不安説が取り沙汰されてきた。ロッテグループは昨年7月に同氏次男の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)韓国ロッテグループ会長がロッテホールディングス(東京)の代表取締役に就任し、ワントップ体制が整いつつある。創業者を完全に退かせる手順も進んでいるようだ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。