Go to Contents Go to Navigation

2月の航空旅客813万人 前年比15.3%増=韓国

記事一覧 2016.03.29 15:05

【世宗聯合ニュース】韓国の国土交通部が29日に発表した2月の航空旅客数は約813万人で、前年同月比15.3%増加した。

 同部は、就航路線の拡大や運航便の増加、韓国人の海外旅行需要と韓国人・外国人の済州島旅行需要の拡大などに加え、今年は2月が29日まであったことが旅客数を押し上げたと説明した。

 国際線旅客数は同15.7%増の584万9000人だった。格安航空会社(LCC)の路線増加や国際原油価格の下落に伴う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)免除が増加につながった。

 路線別では日本線が同30.5%、オセアニア線が同21.8%、東南アジア線が同14.8%、それぞれ増加した。

 韓国の航空大手、大韓航空とアシアナ航空の利用客の割合は計46.7%。外国航空会社は計35.0%、韓国LCC5社は計18.3%だった。

 国内線旅客数は228万2000人で前年同月比14.6%増加した。特に済州路線が同17.1%増加し、全体の85.5%を占めた。

 航空会社別の割合は大韓航空とアシアナ航空が計44.2%、LCC5社が計55.8%だった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。