Go to Contents Go to Navigation

国防計画の予算減額へ 北脅威あるも財政優先か=韓国

記事一覧 2016.03.30 15:07

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部が30日に発表した来年から2021年までの国防中期計画の総予算は226兆5000億ウォン(約22兆1000億円)で、16年~20年までの中期計画(232兆5000億ウォン)より6兆ウォン減った。

 特に、北朝鮮の核・ミサイルに対応する兵器「キルチェーン」と韓国型ミサイル防衛(KAMD)の予算がそれぞれ6000億ウォン、2000億ウォンの減額となった。

 北朝鮮の核・ミサイルによるリスクが高まる中、中期計画の予算が減ったことを疑問視する声が出ている。

 政府が国家財政運用計画を優先するあまり軍が声をあげられなかったのではないかとする見方もある。

 国防部は将来の合同作戦概念を反映して83件の戦略の物量を減らし、優先順位を踏まえて戦力化の時期を調整し、運営の効率化を通じて所要財源を削減したと説明した。

 キルチェーンの予算が5兆4000億ウォンと過去の5カ年計画より6000億ウォン減ったことについては、高高度滞空型無人偵察機「グローバルホーク」や長距離空対地ミサイル「タウルス」など9件の装備導入事業が21年以前に終わるためとした。

 さらに、KAMDの予算削減については17年から21年の間に地対空誘導弾パトリオット(PAC3)など4件の装備導入事業が完了するためと説明した。

 ただ、同部は現在の安保状況や大型事業の所要費用などを踏まえ国防費の増加率は5.6%に設定したとしながら、特に防衛力改善費の増加率は9.0%になったと強調した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。