Go to Contents Go to Navigation

日本政府 韓国産水酸化カリウムに反ダンピング関税賦課へ

記事一覧 2016.03.30 19:59

【ソウル聯合ニュース】日本政府が、韓国産と中国産の水酸化カリウムが日本で不当に安く販売されているとして、反ダンピング(不当廉売)関税を課す仮決定をしたことが分かった。

 大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の大阪貿易館が30日までにまとめた報告書によると、日本政府は25日に仮決定を発表した。4月から4カ月間の反ダンピング関税を課す方針で、税率は韓国産が49.5%、中国産は73.7%。

 日本政府は今後、追加調査を行い、最終的な税率などを決める。最悪の場合、5年間の反ダンピング関税が正式決定することになる。

 水酸化カリウムは、水に溶解した液体、または白色の固形物。化学肥料の原料、アルカリ電池の電解液、写真の現像液、液体せっけんなどで主に使われる。

 財務省の資料によると日本は2014年に2万6246トンの水酸化カリウムを輸入し、このうち93.2%を韓国から輸入している。中国産は4.2%。

KOTRA大阪貿易館は「日本はわが国の最大の水酸化カリウム輸出国であり、今回の反ダンピング関税の課税により、国内輸出企業が相当な打撃を受けるものとみられる」とした上で、「今後の調査の過程で政府と企業が適切に対応する必要がある」と指摘した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。