Go to Contents Go to Navigation

対北朝鮮偵察衛星導入事業 今年後半にスタート=韓国

記事一覧 2016.03.31 09:11

【ソウル聯合ニュース】韓国が北朝鮮全域を監視する軍事偵察衛星の導入事業について、今年下半期にも開始するもようだ。国防部の関係者が31日、明らかにした。同事業は昨年10月に契約を締結する計画だったが、予算が削減されたことに加え、衛星の運用をめぐる情報機関・国家情報院と軍の主導権争いなどもあり遅れていた。

 同関係者は「今年下半期のうちに偵察衛星事業の契約を締結する方針を立てた」とした上で、「すべての部品を海外から導入しようとしていたこれまでの事業戦略を見直し、国内技術を最大限適用することになった」と明らかにした。

 また事業への着手が約1年遅れたが、事業終了についてはこれ以上遅れないよう推進すると説明し、予算も昨年決まったものから変更がないと説明した。

 当初、偵察衛星導入予算について、軍は643億ウォン(約63億円)を要請していたが、企画財政部による審議の過程で100億ウォンに減らされ、国会でさらに20億ウォンに削減された。

 予算が大幅に削減されたことにより、事業計画の実現性に対する懸念が出たが、朴槿恵(パク・クネ)大統領が1月13日の国民向け談話などで北朝鮮に対する情報収集能力を強化する考えを表明し、事業着手への期待が高まった。

 また衛星の管制権限などは軍が受け持つことになり、主導権争いも解決した。

 国防部関係者は「衛星の管制権限も国家情報院や未来創造科学部などと協議し、軍が管理することで円満にまとまった」と話した。

 軍は偵察衛星を2020年に1機、21年に2機、22年に2機導入する計画だ。偵察衛星は北朝鮮のミサイル基地など軍事施設を監視することが可能で、北朝鮮のミサイルを探知、追跡、破壊する兵器「キルチェーン」の中核となる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。