Go to Contents Go to Navigation

韓国中銀の昨年純利益 3年ぶり高水準

記事一覧 2016.03.31 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が31日公表した年次報告書によると、2015年の当期純利益は2兆7156億ウォン(約2668億円)で前年に比べ7310億ウォン増加した。2012年(3兆8854億ウォン)以来、3年ぶりの高水準となった。

 韓国銀行はリーマン・ショック直前の2007年に4447億ウォンの純損失を計上したが、2008年以降は2兆~3兆ウォン台の純利益を維持してきた。ただ、2014年は1兆9846億ウォンと、7年ぶりに2兆ウォンを下回った。

 昨年の純利益の増加は、国内の金利低下により通貨管理のコストが減った影響が大きい。また、外貨建て資産を中心に有価証券の売買益が増え、営業収益が14兆5088億ウォンに拡大した。

 韓国銀行は純利益の30%を積み立てるよう定められている。8147億ウォンが法定積立金、495億ウォンが農漁業者向け基金の積立金とされた。残りの1兆8514億ウォンは政府の税収となる。

 韓国銀行の資産は昨年末時点で488兆8973億ウォンと、前年末に比べ3兆981億ウォン増加した。負債は476兆9516億ウォンで1兆7717億ウォン増加した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。