Go to Contents Go to Navigation

深夜の「コールバス」 ソウルで試験運行へ=江南など

記事一覧 2016.03.31 17:43

【ソウル聯合ニュース】ソウル法人タクシー組合は31日、コールバスの運営会社と同バス(午後11時~翌午前4時)がソウル市の江南区、瑞草区、松波区で早ければ来月中旬から試験運行することについて合意したと明らかにした。コールバスはスマートフォンのアプリなどで目的地などを入力した人を同じ行き先の利用者とともに運ぶ。13人乗りで地下鉄や路線バスなど公共交通機関の運行終了後に市民の足として利用されることになる。

 運行時間や運行地域をめぐりタクシー業界とバス運営会社が対立していたが、ソウル市は午後11時からの3区でのコールバス運行を提案した。3区では午後11時ごろから近距離利用者の乗車を拒否するタクシーが増えるため。市は約2カ月間の試験運行の結果を見極め、運行時間やほかの地域での運行について検討する計画だ。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。