Go to Contents Go to Navigation

韓国航空宇宙産業 南米最大級の航空宇宙博覧会に参加

記事一覧 2016.03.31 15:10

【ソウル聯合ニュース】軍用機の製作などを手掛ける韓国の防衛産業大手、韓国航空宇宙産業(KAI)は31日、チリ・サンティアゴの空港で現地時間の29日から開催中の南米最大級の航空宇宙博覧会「国際航空宇宙見本市」(FIDAE)に参加していると明らかにした。

 KAIの河成龍(ハ・ソンヨン)社長ら同社関係者は博覧会会場で南米主要国の軍関係者と面会し、韓国製初等練習機KT1などの輸出について意見を交わした。

 KAIは韓国製機動ヘリコプター、スリオンの初の輸出に向けた交渉も積極的に進めている。

 博覧会には約40カ国から600社以上が参加し、会期中は約15万人が来場すると予想される。

 博覧会で大きな関心を集めているのはKAIがペルーと共同生産した練習機KT1Pだ。

 KAIはペルーのKT1P共同生産基地を南米市場攻略のための拠点として活用する計画だ。

 南米軍用航空機市場の規模は今後10年間で高等練習機約150機、初等練習約200機、スルオン級ヘリ約200機の計約550機、11兆ウォン(約1兆800億円)規模に成長する見通しだ。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。